ブラックでもスピード対応してくれる中小金融

0

    消費者金融の業者を選ぶときに重視するポイントはそれぞれかと思います。金利が低いこと、融資までスピード対応で時間が早いこと、さらにブラックの人だと審査基準が甘いことを求める人ももちろんいると思います。


    ブラックリスト入りしている人が審査落ちしてしまう業者はほとんどが審査基準の厳しい業者であることが多いです。ブラックリスト入りしている人にはそもそも融資をしないと決めている経営方針であり、その限りは一向に借り入れできません。これらの業者は大手の業者に多く、ブラックの人が門前払いされてしまうことも少なくありませんが、そういった事実を知らずに、ただ闇雲に名前を知っている大手の消費者金融が信頼できると勘違いしていたり、そもそも消費者金融の存在として大手しか知らないという人も多くいらっしゃいます。

     

    大手だけが消費者金融ではありません。もちろん大手があれば中小規模の消費者金融もあるわけですが、なかなか社名を思いつかないほどあまり一般的には認知されていません。ですから、借り入れをしようと消費者金融の門をたたくほとんどの人が自然と大手の消費者金融へばかり申し込みをしてしまっています。じつはこの大手のほうがブラックリスト入りしている人に対してなかなか融資をしてくれないのですが、その事実も特に公表されているわけではないので、知らないままブラックの人が立て続けに大手の業者ばかりをはしごしながら審査申し込みし、その結果、審査に落ちてばかりいる人も少なくありません。

     

    ブラックの人が申し込みをするべきは、大手の消費者金融ではなく中小の業者です。中小の業者であればもともとブラックリスト入りしている人であっても対象として見てくれるので、審査を通過する必要はありますが、融資をしてくれる可能性が大いにあります。

     

    審査基準自体も大手の業者ほど厳しくはなく、比較的甘めの設定となっていますから、大手で断られてしまった人であっても融資を受けられることがあります。
    中小であっても大手と変わらないようなスピード対応、低金利での融資を実現しています。ブラックの人や、大手で断られてしまうような条件の人であっても融資をしてくれるのは、業者側にとってもリスクがありますからやはり条件的に中小だと大手よりも劣るイメージがあります。

     

    しかし中小もそのような条件で運営していてはなかなか借りてが見つかりませんから、そういった部分はある程度、譲歩しなければ経営が成り立ちません。その分、利用者側にとっては借り入れしやすく、さらに利用しやすい条件となっているのですから、中小から借りない手はありません。大手に比べれば広告宣伝費をかけられませんから認知度では負けてしまう中小業者でも、決して信頼できない営業をしているわけでもありません。


    ブラックや多重債務でも借りれる中小金融

    0

      中小金融ならブラックや多重債務の人でも借りれるって知ってましたか?

       

      ブラックリスト入りしているひとならすでに経験している人もおおいですが、急に契約できなくなってしまいます。うすうす気づいてはいて、いつか自分もこのまま延滞を繰り返していればブラックリスト入りして借り入れできなくなってしまうのではないかと思ってはいても、なかなか返済できずに、また新たな融資してくれる業者を探していて新規申し込みをしたのに、今までは契約できていても、急に何社からも連続で断られてしまうこととなります。


      これはこのブラックリストと呼ばれる情報として、自分の個人情報が金融業者の間で共有されてしまっているからです。厳密にいえば、金融業者を利用するとほとんどの場合、個人信用情報機関という専門の会社にその利用者の情報が掲載されていて、そこに支払い長期延滞などの金融トラブルをおこした記録がのってしまったことをブラックリストにのったと呼んでいて、その状態になれば審査の時に情報参照して「この人は過去に長期延滞をしてる」というのが他社でもわかってしまいますから、審査落ちになってしまうことが増えます。今まではその情報がのっていなかったのかもしれません。長期延滞をしていることはだいたい3ヶ月後くらいになって情報共有されると言われていますから、延滞をしていても1ヶ月くらいであればまだ他社では借り入れをすることができてしまいます。逆にその状態で断られてしまったのであれば、ブラックリスト入りではなく、他社借り入れ額が多かったり、多重債務や、収入額や職業などの諸条件がその会社の審査条件にマッチしなかっただけかもしれません。この状態であればまだ他の会社へ申し込みをすれば融資してもらえる可能性が高いです。要は、その条件がマッチする業者、つまりは審査基準が甘い金融業者へ申し込みをすれば良いわけです。


      ブラックリスト入りした人も、このように業者選びをすればいいんです。つまり、ブラックリスト入りしている人でも融資対象としている業者を見つけて、その業者へ申し込みをすればいいわけです。


      そうです。その業者が冒頭に書いていた中小規模の消費者金融なんです。中小であれば実はブラックリスト入りしている人へも貸し出しをしてくれるところが多いんです。中小の業者ははやりあまり多くのお客さんが申し込みにこないので、少ない申し込みの中からもなんとか貸し出しをしなければ、利益となる利息を回収することすらできません。大手の業者では融資を断るようなお客さんに対しても、多少の返済能力が認められれば、ブラックであっても融資をしてくれる業者というのが、この中小業者の特徴でもあります。


      中小業者は大手のように宣伝ができません。莫大な広告費をかけて宣伝ができる大手と同じ条件をもっていては商売を続けていけませんから、このように審査ハードルを下げて運営をしているという特徴があります。


      消費者金融でブラックも即日融資できる中小業者

      0

        中小金融からブラックの人が融資を受けることができます。
        ブラックだからといって門前払いされてしまうことが大手の消費者金融では多いのですが、中小規模の業者であればブラックの人も貴重なお客さんですから、きちんと審査対象として審査をし、いま現在は安定した収入があればまだまだ借り入れできる可能性があるのです。

         

        ブラックになってしまう人が最近は増えてきていると言われています。それに伴って、借り入れできずに困ってしまっている人も多いと思います。ブラックリスト入りしている人の増加は社会問題となり、法律が厳しく改定されましたから、今までは借り入れできていた人も、法律によって制限されて一定額以上は借り入れできなくなってしまった人もいるはずです。もちろん、それ以上、自分自身が多重債務を抱えなくて済むようにストッパーの役割ともなるわけですが、しかしながらいざ困ったときに融資を受けられなくなってしうのは痛手です。新規で融資をしてもらおうと申し込みをしても急に審査通過しづらくなり、融資に頼らざるをえない生活をしていた人にとっては急に手持ちの現金だけで生活をしなければいけない状況となります。


        キャッシングを受けられず、ではショッピングだけでもクレジットカードを使えないかと思っても強制解約されてしまうケースもありますし、新規で作ろうとしてもキャッシング審査と同じように、過去の借り入れ状況を審査でチェックされてしまってそれによってクレジットをつくることすらできなくもなります。


        クレジットカードも、ブラックリスト入りしている人にとっては作りづらいのです。今やネット上の買い物などでよくクレジット支払いのみが指定されているケースもありますから、このような場面においてクレジットカードが全く使用できないのもいざというときに困ります。

         

        ブラックになってしまった人でも融資をしてくれる中小金融とは、消費者金融の中でもあまり名前が出てきませんが、ブラックリスト入りしている人でも対象とみてくれる貴重な存在であり、ブラックの人もきちんと審査をしてくれます。その上でその業者の審査基準をクリアすれば融資を受けられることができます。


        さらに、中小の業者は大手に負けないよう様々なサービスにも力をいれていますから、大手と同じように即日融資をうけたり、低金利で融資をうけたり、全国のコンビニから融資をうけたりすることもできるようになっています。

        自分の条件にあった業者を選んで申し込みを行い、審査の甘い中小業者であればまだまだブラックでも借り入れできる可能性があります。今まで断られ続けて諦めていた人も、中小の業者へ申し込みしてみてください。